髪によいヘアカラーとは

ヘアカラーは基本的に髪の毛にとって最も良くない行為のひとつとされますが、できるだけ髪の毛に負担がかからないようにしてヘアカラーをすることはできます。では、髪に負担がかからないようにヘアカラーするにはどうすればいいのでしょうか。
一般的に髪を染めるためのものとして、ヘアカラーとヘアマニキュアがあります。知っていましたか?何が違うかというと、ヘアカラーは髪を脱色しつつ、染色もします。一方ヘアマニキュアは、脱色をせずに染色のみをします。日本人はほとんどの人が黒髪なので、メラニン色素が非常に強いですが、これは染色をする場合にはやっかいなのです。染色をする場合は、この黒髪がネックとなって非常に染まりにくいのです。ですので市販されているヘアカラーは、染色と同時に脱色も行うようになっています。脱色をするということは髪の毛のメラニン色素を脱色するということです。確かにこの方が明るい色に染める場合は染まりやすいのでファッションのみを考えるのであればいいのですが、髪の毛のダメージを考えるとなかなかぞっとする方法ですね。慣れてくると元の方が黒くなってきたといってはヘアカラーを繰り返しますから、ものすごく髪にダメージを与え続けているわけですね。
ヘアマニキュアは、脱色をする作用がないために、それほどに髪の毛にダメージを与えることがありません。ですので髪の毛のことを考えるのであれば、ヘアマニキュアを使うようにしましょう。まあ、一番いいのは黒髪のままでいることなんですが・・・。

髪を色持ちさせるには?

一度髪を染めると、できるだけその効果を長く延ばしたいですよね。では、効果を持続させるにはどうすればよいのでしょうか。
これは先ほどとは逆に、ヘアマニキュアは髪の表面を染色するのみですので、どうしてもヘアカラーに比べて色がおちるのが早いです。ですから髪を根元から染め上げるヘアカラーをするのが色持ちさせるには良いです。特に美容院で使っているヘアカラーが最も効果が持続しやすいヘアカラーですので、やはり長持ちさせたい場合は美容院へと足を運ぶべきでしょう。
しかし、ヘアカラーでもヘアマニキュアでも、刺激の強いシャンプーを使ったり、頻繁に髪の毛を気にして触りすぎるなどの行為があれば、何もしないよりも色持ちがしにくくなります。マイルドなシャンプーを使うことを意識したり、髪を触り過ぎないようにすれば、色持ちする期間は長くなるでしょう。、