オーガニックコットンのメリット

オーガニックコットンとは

オーガニックコットンって聞いたことがありますか?わたしはオーガニックコットンを使ったパジャマで寝ているのですが、とても寝心地がいいんです。
オーガニックコットンとは、NPO法人日本オーガニックコットン協会によると、オーガニック原料を使って化学薬品などを極力使用せずに栽培されたオーガニック農産物によって作られたコットン製品を指します。要するにとてもいい生地を使った布製品です。
オーガニックコットンについてのイメージがつかめたかと思います。では、オーガニックコットンを使うことのメリットとはどのようなことがあるのでしょうか。

オーガニックコットンは肌に優しい?

オーガニックコットンという名称からなんとなく肌に優しいイメージを持つのではないでしょうか。確かに、普通の工場で大量に作られる既製品よりはほぼ無農薬で作られた農産物を基に作られているため、肌に優しいかもしれません。しかしそれは余程の敏感肌やアレルギーの方でない限り、実感することは非常に難しいものです。大多数の方はその違いに気付かない程度の微妙なものでしょう。
ということは、わたしが寝心地がいいと感じていたのもオーガニックコットンという名称からなんとなく肌が気持ちいいと感じていただけ、気のせいだったんですね、自分の雰囲気による流されやすさに嫌気が差します、プンプン!

オーガニックコットンにメリットはないのか

では、オーガニックコットンにメリットはないのでしょうか。それは全くメリットがないわけではありませんが、消費者にはとくにメリットはない、というのが正しいでしょう。もちろん、好みでオーガニックコットンを使うというのはとてもセンスが良く感じるし、いいことだと思いますが。
オーガニックコットンの基となるオーガニック農産物は、農薬などをほとんど使用しませんので環境にとても優しいものとなります。オーガニック農産物を作り続けた土壌の質は驚くほどに向上した、というデータもでています。ですからオーガニックコットンを作ることで環境にとても配慮する結果となります。環境のことを考えるのであれば、消費するほどにオーガニックコットンの生産量も上がっていくでしょうから、相対的にオーガニック農産物の生産量も上がることになり、結果的に環境にとても配慮した世の中になります。環境のことを真剣に考えている人は、オーガニックコットンを使用するべきでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ