紫外線から髪を守る

紫外線から髪を守るには

紫外線は髪の毛の大敵とは昔からよくいわれますが、では、髪の毛を紫外線から守るにはどうすればいいのでしょうか?これから紫外線の強い時期になってきますので、今のうちからの紫外線からのヘアケアを心掛けて、髪の毛を保護しましょう。

紫外線が髪にあたるとどうなるか

紫外線対策は日本では実はあまり積極的に行われていませんでした。なぜかというと、それは日本人の黒髪に原因があります。黒髪の日本人は金髪や茶髪の西欧人に比べるとメラニン色素が多いのです。このメラニン色素が実は髪の毛を守ってくれます。かといって何もしなくていいというわけではありませんが、黒髪の人は髪のことを思うのであれば黒髪のままにしておいた方がいいでしょう。むしろ西欧人は元々メラニン色素が少ない民族ですので、紫外線からのヘアケアに積極的ですが、日本人はあまり紫外線からのヘアケアに積極的ではない上に髪の毛のカラーリングをする人が増えていますから、髪の毛を守るという感覚を意識しておかないと、色々とひどいことになってしまいます。
髪の毛はキューティクルで守られているのですが、紫外線を強く浴び続けていると、このキューティクルがはがれてしまい、髪の毛のたんぱく質が失われ、髪の毛がパサついたりします。また、髪の毛よりも深刻なのは肌へのダメージで、頭皮へのダメージは特に問題視するべきです。フケやかゆみの原因となります。

紫外線から髪を守る方法

紫外線から髪を守る方法として、いくつかの方法があります。
まず、日傘をさすこと。これによって、直接紫外線からダメージを受けることを防ぐことが出来ます。
それから、洗い流さないでいいトリートメントというのがありますが、これを付けるのも有効です。もし市販されているものが分からなければ、美容院でしてもらえるでしょうから、美容院でしてもらうとよいでしょう。
また、日頃から紫外線をできるだけ浴びないように習慣付けることが大切です。ですのでできるだけ日陰を好んで歩いたり、帽子をかぶる習慣をつけたりするなどしましょう。
意識的に紫外線から髪を守るようにすることで、中長期的に髪の毛のことを考えると、髪質はまったく違ったものとなるでしょう。なんにせよ、日頃からのヘアケアが重要だということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ